< 2017年12月 >
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
過去記事
最近のコメント
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
otayanet

よくあるご葬儀トラブル01

2017年08月03日
よくあるご葬儀トラブル01のテスト投稿です  

•喪主はどのようにして決めるのでしょうか?

2017年08月03日

● ご質問 :

喪主はどのようにして決めるのでしょうか?

● お答え :

喪主は原則として跡取り(遺産継承者)または、祭祀継承者がなります。
祭祀継承者とは、故人の遺骨を仏壇やお墓で管理しお参りする人です。墓は分割できませんので、一人に割り当てられます。古来よりこれを行って来たのは長男でした。ただし現在では、伴侶に当る人がなる場合も増えてきているようです。  

アフターケア01

2017年08月03日
アフターケア01コンテンツのテスト投稿です  

弔辞・挨拶文例01

2017年08月03日
弔辞・挨拶文例01コンテンツのテスト投稿です  

葬儀の手順と喪主の役割01

2017年08月03日
葬儀の手順と喪主の役割01コンテンツのテスト投稿です  

1・臨終直後

2017年08月03日
末期の水をとります
•医師より臨終を告げられたら、末期の水をとります。
•新しい筆の穂先か、割箸の先にガーゼや脱脂綿を白糸でくくり、茶碗の水に浸して故人の唇をぬらすようにします。
•配偶者から順次、血縁の濃い順に一人ずつおこないます。
※実際には病院から自宅に帰ってからおこなうことが多くなりました。

 

●家族・親族へ連絡します
•肉親や特別な関係の方には至急知らせますが、それ以外の方々には通夜・葬儀の日時が確定してから連絡します。

 

●まず弊社へご連絡ください
•病院で亡くなった場合は、弊社でご遺体をご自宅または式場までお送りします。
(弊社は24時間体制で受付けています)

 

●死亡診断書の受け取り
•ご自宅で亡くなった場合でも、医師による死亡の確認が必要です。
•医師による死亡確認の後、死亡診断書を受け取ります。
(死亡届の半分と死亡診断書は同一用紙となっています)
•病院で亡くなったときは、入院費用の精算をなるべく早く済ませ、故人の荷物を持ち帰ります。

 
  

手作り葬の太田屋式場では、無料会員さまを募集しております。